デザイナーズハウスのメリットを解説

都会には色々な建築会社や設計事務所が存在し、求める土地が見つかった場合にも周辺にはデザイン的に優れた住宅が立ち並んでいる場合も多いものです。従って狭いながら他にはない独自のデザインの住宅を建ててみたいという気持ちになるものでデザイナーズ住宅を建てたいと考えるものです。その際にはこれらの経験と実績を多く持つ建築設計事務所に依頼するか、設計事務所を兼ねた工務店に依頼することもあります。デザイナーズハウスは最近ではハウスメーカーでも有名建築家を招いて商品開発に利用されるケースもあるとされます。又、狭小住宅は狭い敷地に容積率や建蔽率、斜線制限などの法律の制限を受けながら計画され施工されるという意味でユニークに仕上がっているものを見かけることもあり、これがそれに該当するという意味にとられることもありますが、予算の都合上安価な材料が使われることもあって厳密には意味をなさないこともあります。

どんな条件でも建築可能な対応力の高さ

土地の大きさや予算、周辺環境など建築の際に条件が厳しいと理想の家を建てることは難しくなります。でも、プロの建築家はその土地の特徴や形、周辺環境をしっかり把握し、どんな厳しい条件でもその土地の長所を最大限に生かした家を建てることが可能です。またプロの建築家は発想が豊かで柔軟です。時には誰も思いつかないような斬新なアイデアを提案し、その土地の抱える問題を一気に解消してくれることもあります。厳しい条件の中で自分の理想や要望にそった家をデザインできる対応力の高さはデザイナーズハウスのメリットです。工夫次第でデザインは無限大に広がります。これなら狭い土地や特徴のある土地でも快適な家を建てることが可能になるので嬉しいですね。住みたい場所が特殊な条件の場合も諦めずに一度相談してみることをおすすめします。

低コストで理想の家が建てられる

一般的にデザイナーズハウスは値段が高いといわれていますが、低予算でもその範囲内でなるべく要望にそえるよう工夫してくれるので、コストは思ったほどかからずに済むことがあります。予算に合わせて素材や建材を変えたり、低価格で似たようなデザインのものを提案してくれたり、要望を叶えるためいろいろと相談に乗ってくれます。自由なデザインだからこそ実現できる柔軟な対応といえます。また設計通りに施工が進んでいるか建築家が自ら足を運び確認します。指定した建材が使われているか、建物全体の雰囲気やデザイン性はどうかなど細かいところまでチェックして完成となるのです。世界に1つだけのオリジナルハウス。そこには自分の理想や要望はもちろん、建築家のアイデアとプロとしての魂が込められています。