デザイナーズハウスにかかる費用

賃貸ではなく、自分だけの家を持つという事は昔も今も人生にとっての大きな目標のひとつです。自分だけの家を持ちたいという人の中で特にこだわりがあるという人は一戸建てを購入した方が満足度は高まるでしょう。特にこの世に二つとない自分だけの家を持ちたいという人にピッタリなのがデザイナーズハウスです。一般的な住宅はハウスメーカーがあらかじめ設計した図を基に建築されています。この場合は隣近所の家と似通ったデザインになることがほとんどです。しかしデザイナーズハウスの場合は建築士が入居者の希望を聞いたうえで希望通りのデザインの家を設計し、その設計を元に家を建築します。そのため、どんな細かい要望でも基本的には叶えてくれるので、文字通り自分だけの城を手に入れることが出来るのです。

定義としてはこれといったものがあるわけではないものです

デザイナーズハウスは建築界においてグッドデザイン賞を受賞したという意味なら直接意味が伝わります。しかし建築以外の専門のデザイナーが住宅を設計したという場合もあり、ユニークながらこれに該当するのかどうかについては異論も出て来ます。建築家の先生が手掛ける注文住宅はユニークなデザインのものが多いのも特徴の1つと言われています。例えば鉄筋コンクリートの打ち放し仕上げの住宅など確かに仕上がりが簡単で内装を施す必要が殆ど無いとされています。しかし実際に住まうには設備費のランニングコストが多くかかるとか、大量生産品を使わずにガラスやプラスチック素材、金属素材など特注の注文品を使ったりするために予算を大きくオーバーすることが多いことも伝えられています。従ってその辺りは予算内に収まるかどうかもポイントになりそうです。

これを形作る具体的な要素にはどういうものがあるのか

デザイナーズハウスはデザイン的に工夫がなされているために雑誌に取り上げられたり、あるいはその周辺を通る人々にとっては目立つ存在となり、ランドマークにもなると言われています。デザインを行う場合には予算内に収めるためにコスト重視でプランや屋根型をなるべく単純化して作る傾向があります。これがある程度予算に余裕があれば、プラン自身を複雑にして凹凸の多いものにして、屋根型も組み合わせて作る場合もあり、雨仕舞としては問題が生じる場合も出て来ますが、一応外観にも優れ見栄えの良いものが完成することになります。インテリアにも通じている建築家であれば内装や外観の装飾、色彩などにも優れ魅力ある住宅が出来上がることになり、従ってユニークハウスとも呼ばれる所以でもあります。