おすすめのデザイナーズハウスの選び方

ハウスメーカーや工務店が企画している建売住宅で、自宅にガレージを組み込んだプランを見かけることはあまりありませんが、注文住宅では人気があるプランです。自家用車を所有し、カーライフを充実させたい人や車のメンテナンスやクリーニングなどを自分で行いたい車好きの人にとって、ビルトインガレージは大変魅力的です。また、ガレージに直接室内から行き来できるガレージは、雨の日の送迎や買い物などでとてもありがたい物でもあります。ガレージ付きの住宅を建てる場合には、ガレージの分の面積と費用が必要になりますが、愛車と家族を守ったり、季節にかかわらず。快適に車のお手入れをすることができるなどの魅力もたくさんあります。特徴や魅力をよく理解して、見積もりをもらって検討することがおすすめです。

建築士のセンスが好みのセンスかどうかが大事

自分の理想通りの良いデザイナーズハウスを建築するためには、何よりも自分と相性の良い建築士を見つけることが重要です。建築士は何度も選び直すことが可能ですが、一度家を建築するとやり直しがききません。そのため建築士の選択はより慎重におこなうようにしましょう。まずは建築事務所を選択することになりますが、建築事務所のホームページにはたいていその事務所の建築士がデザインした建物の写真が掲載されています。建築士のセンスは人それぞれなので、デザインに関しても自分の感性と合うかどうかがあります。まずは建築した建物の一例を見て、自分が好きなセンスを持っているかどうかを判断しましょう。ちなみに建築士には一級と二級があり、二級建築士の場合は取り扱いができない建物も存在するので気をつけましょう。

設計事務所の選択によって建てられる家が変わる

建築事務所自体にもいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。例えばアトリエ系の建築事務所の場合は、その事務所独自のカラーを前面に出しているのが特徴なので、とにかく人と違うデザインの家を建てたいという人にとっては最適の事務所です。ただし、デザイン性が高く、オリジナリティが強いという事は専用の材料を揃える場合も多く、建築費用は高くなります。アトリエ系の建築事務所を選択する場合は十分な資金を用意したいところです。一方、ゼネコン系の建築事務所の場合はその会社内に設計部門が存在しています。大きな会社ですからマンパワーは強いため、こちらが要求した納期はほぼ守ってくれるでしょう。一方で効率化を優先するため、デザインの個性という面には目をつむる必要があります。